The Universe in a New Perspective

若き眼が切り取る、大阪・千日前の文化と昭和の宇宙

味園ビルが持つ、高度経済成長期のエネルギーの痕跡と、その文化の灯を現代へ連綿とつなぐ「ユニバース」とバーの数々。

そして、通常立ち入ることの出来ない、かつての大宴会場やサウナ、ホテル空間など、大阪文化の遺構とも言える封印された空間を、新進気鋭のフォトグラファーが現代の新鮮な視点で切り取る写真展。

165567649.jpg
takashihamada.PNG

Takashi Hamada|濵田 隆史

1996年 鹿児島生まれ

2016年 渡米。NYのストリートシーンを撮り始める。

現在は大阪を拠点とし自身のルーツである自然や日本の文化、音楽、ファッションにと創作活動の幅を広げている。

watarukitamura.jpg

Wataru Kitamura

1995年大阪年生まれ。東京在住(2019/6~)。

2015年近畿大学を中退し写真を独学で学び始める。

現在は大阪、東京を中心に国内外の企業、ブランド向けのwebコンテンツ撮影、プロモーション撮影等で活動中。

ライフスタイルを軸としたドキュメンタリータッチな撮影を得意としている。

TakuyaRikitake.JPG

Takuya Rikitake

94年生まれ。

大学で林業を学ぶ傍ら、写真への関心を深めていき卒業と同時にフリーのフォトグラファーとして活動を開始。

 

独自の視点でファッション、ライフスタイル撮影などwebコンテンツでの撮影を行う一方、写真の可能性を探るべく個人の制作にも力を入れる。

人とモノ、自然などの境界を曖昧にして切り取る事により日常に潜む違和感やその不安定さを浮き彫りにする。

 

近年では陶芸家や抽象画家といった他ジャンルのクリエイターとの展示を行ったりと積極的に活動の幅を広げる

naruki kaneyama.JPG

Naruki Kaneyama

1996年 在日コリアン3世生まれ。

朝鮮学校に在学していたりエクストリームスポーツ経験等、様々なカルチャーから培った感性で型に捉われない写真の撮影を得意する。